Appleが、「iOS 9」の提供を開始 「iPhone 6 Plus」、「iPad 2」をアップデートしてどうなったか?

9月17日、
Appleが、モバイルOS「iOS 9」の提供を開始しました。 容量は1.3GBほどです。

バージョンアップ可能機種
今回は、スマホは「iPhone 4s」から、タブレットは「iPad 2」からアップデート可能です。

  • iPhone 4s/5/5c/6/6 Plus
  • iPad 2/iPad(第3世代)/iPad(第4世代)
  • iPad Air/Air 2
  • iPad mini/mini 2/mini 3
  • iPod touch(第5世代)

今回は、手持ちの端末「iPhone 6 Plus」より先に、「iPad 2」をアップデートしてみました。そして、かなり、古い、古い機種まで、サポートしているので、ちょっと期待していました。。。どうなったでしょう?

「iPhone 6 Plus」は、17日、夜に実施しましたので、まだ感想を書ける状態ではありません。

ios9_001

Sponsored Links


1.iPad

iPadで、目玉の機能は、「マルチタスキング」機能です。
iPadにおいて複数のアプリの同時表示が可能な「マルチタスキング」機能が搭載されました。iOS 9のマルチタスキングは3つの種類がある(「Slide Over」、「ピクチャ・イン・ピクチャ」、「Split View」)。

iPadは、「iPad 2」からバージョンアップしてみましたが、予想どうり、軽くはなりませんでした。 そして、1日使ってみましたが、iOS8よりも、ガクッと重くなったかと云えば、そうでもありません。

分かり易く云えば、iOS8とたいして変わらないですね。
「iOS7」–>「iOS8」にアップデートした時のガクッと重くなった時のままですね。

「iPad2」で、「iOS8」–>「iOS9」を実施してみて、買い替えを検討しようと、考えていましたが、結論が出た様です。 買い替えよう! です。

そこで、悩ましいのが、今の「iPad Air」にするか、「iPad Pro」にするか。。です。

「Surface Pro 3」も選択肢に入っていたのですが、13インチの「iPad Pro」が発表されてから、心がグッと「iPad Pro」に傾いてきています。

あとは、「iPad mini 4」も選択肢の中に入ってきます。MacBookを持ち歩いている方なら、「iPad」は少し大きいので、「iPad mini」でも良いように思います。

スマホの4.5インチ、タブレットで8インチ、ノートPC(Mac)で13インチなどこのくらいの大きさの画面を揃えておけば、完璧でしょう。

2.iPhone 6 Plus

2014年に「iOS 8」がリリースされた時は、もう、ぼろぼろでした。。。
「Wi-Fi接続」、「TouchID」などの機能に問題が生じ、速攻アップデートがリリースされたがそれにも問題があったりと。。ですので、今回は大丈夫? と用心したくなりますが、問題があった事も忘れている方は、大丈夫です。なにも無かったと思っていますので。

「iOS 9」にバージョンアップ後も、「iPhone 6 Plus」は、体感速度もほぼ変わらず、快調に動作しています。

使用時間が一番伸びたのは、色々な端末の中で「iPhone 6 Plus」らしいのですが、まだ、体感できていませんが、嬉しい事です。

iOS9の新機能を記載しますが、今回、使ってうれしいのが、「メモ」アプリの機能強化

1)Siriを使って、音声で写真や動画が検索可能に。

2)検索機能
検索画面を表示すると、最もよく使う連絡先やアプリが、ユーザーの習慣に対応して、予め表示されます。

3)マップアプリの改良
日本では、利用可能ですが、音声によるターンバイターンの経路案内機能が追加されて、曲がり角に近づくとマップが音声で進行方向を知らせます。

Flyover機能(日本では東京と札幌のみが対象となっています)
インタラクティブな3Dビューで上空から都市を眺めることができる。
拡大したり、パンしたり、傾けたり、回転させたりすることができます。

4)メモ アプリの機能強化
テキスト(文字)情報以外のデータ(地図、リンク、メールの添付ファイル等)も、メモに追加できるようになっています。

5)メール アプリの新機能
マークアップ機能
添付した写真や文書に、図やコメント、署名が追加できるようになりました。
・iCloud Drive上のファイルも簡単に添付できます。
・MailDropを使うことで、最大5GBまでの添付ファイルが送信可能です。

6)アプリ間遷移のUIが追加

何かのアプリを起動し、別のアプリを起動した場合、前のアプリに戻るための名称が左上(ステータスバーのアンテナ表示)の位置に表示されるようになっっています。

だだ、ちょっと残念なのが、画面の左上ですので、「iPhone 6 Plus」だと指が届きません。。。ね。

まだまだ、追加された機能が在るのですが、多すぎて、まだ試すことができていませんので、後日、追記してゆきます。

関連記事
Microsoft社が、「iPad Pro」版のOfficeアプリを有料化するとセコイ事をしてきたが、「iPad Pro」と「Surface Pro 3」仕事などシーンで使用するならどっち?

悩ましい選択肢、Apple「iPad Pro」とMicrosoft「Surface Pro 3」どんな使い道があるのか?

Appleの発表会で、「Apple TV」、「iPad Pro」と「iPad mini 4」、「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発表

Sponsored Links


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*