誰も言わないのなら言います「東京都は、緊急事態宣言を一刻も早く出したほうがいい」、もちろん東京周辺の県もです。

今月から、もう4月ですね。 早いです。 

誰も言わないのなら言います「東京都は、緊急事態宣言を一刻も早く出したほうがいい」、もちろん東京周辺の県もです。

このまま、ビクビクしながら様子を観ていれば、「感染爆発」は時間の問題でしょう。他国より、公衆衛生の面で国民が努力してはいるでしょうが、それで大丈夫でしょうか。。。

私は札幌市在住ですが、北海道は早くから「緊急事態宣言」を出していても、陽性患者数は、プログレッシブには増加していませんが、現在でも微増している状況です。

・道内の最新感染動向
https://stopcovid19.hokkaido.dev/

都民、市民、周辺県民は、家から出ないようにすればいいだけです。 すぐにニューヨーク州の様になるでしょう。

仕事帰り、街で酒を飲まずにまっすぐ家に帰れば良いだけです。 私などは、「すすきの」に足を踏み入れるのは、年に1回あるかないかですので関係が無いが、飲まずに家に帰り、お母ちゃんに愚痴をこぼしながら酒を飲んで、ボコボコにされて寝ればいいだけです。

若い人たちは「書籍」なんか読まなくてもいいから、「バカ動画」、「エロ動画」をたらふく観て、「バカゲーム」でも何でもいいから、お家で、外に出ないで、思う存分、遊んでください。 「ひきこもり」になったつもりで、2週間くらいなら飽きないでしょう。

この際だから、ネット回線のトラフィックが増大しても、「感染者」が増えるより、全然ましでしょう。

通信回線からは、ウイルスは感染しませんので、Appleなら「FaceTime」、Microsoftなら「Skype」がありますので、端末(コミュニケーション ツール)を利用してお話ししましょう。

もし、人類と病原菌の歴史を認識したい、興味があるなら、下記の書籍を紹介します。

銃・病原菌・鉄 ―1万3000年にわたる人類史の謎  ジャレド ダイアモンド (著)

ジャレド・ダイアモンド博士の この書籍は、上・下巻ありますが、必読書です。

今回、病原菌に関係のある「銃・病原菌・鉄」の上巻の最後の章「第11章 家畜がくれた死の贈り物」の部分を読み返してみましたが、西暦1500年前後から、大航海時代が始まり、数十万年前に移動を繰り返して、地球上に住みつた「ホモサピエンス」の元に、免疫を持たない、例えばネイティブアメリカン(インディアン)や南米アステカ帝国など、ユーラシア大陸(ヨーロッパ人)の人間が「病原菌」を持ち込んで、大勢の人々を死に追いやった歴史が記載されています。

ユーラシア大陸の民族の方が、多くの家畜化した動物を飼っているせいで「病原菌」が蔓延して、そのおかげで「免疫」ができたが、他の地域では家畜化した動物が少なかったので、感染する率も低く、免疫ができてなく、ユーラシア大陸から「病原菌」を持ち込まれると、あっという間に死者が増える状況になった様です。

なぜ、「シマウマ」は家畜にならなかったのか?

疫病と世界史

人類と感染症の歴史

感染症の世界史

関連記事
【書籍紹介】 ウイルスは悪者か ―お侍先生のウイルス学講義 髙田礼人 (著)

【コロナウイルス感染症】東京都の新型コロナウイルス対策サイトが、有志により北海道バージョンが作成されて公開しています。
本当に、クズ情報が伝わるのが速い!! しかもアホだからすぐに反応する。 まるでお祭り騒ぎです。
【重要情報】 ジャッグジャパンが、「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」を公開

Sponsored Links




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする