【コロナ 第7波の兆し】コロナウイルスによるパンデミックが2年も経過しているが、相変わらず、低知能な国民

2022-07-12、
本日のお題は、コロナウイルスによるパンデミックが2年も経過しているが、相変わらず「低知能」な国民について。

1.クラスターが発生

つい最近、私が訪問している会社の親会社で「クラスター」が発生して、感染者が増加している。そのすぐ隣に位置する子会社から見ていて、相変わらず感染対策が、「低知能」過ぎて始末に負えません。

親会社は、子会社に対して、感染者が出たらすぐ報告するように言われているが、親会社でクラスターが発生しても、何も報告が無いのです。

子会社も子会社で、感染対策として、「消毒」以外に何も打つ手は無し。 これも「無知」過ぎるでしょう。 手で触れる物を「神経質」に消毒してもあまり意味が無い事を知らない。 バカの一つ覚えです。

「頭」おかしいでしょう? どんな風に感染するのかまるで分っていない。

2.コロナウイルに対する認識不足

コロナウイルスは、呼吸器周りの「肺感染症」ですので、例えウイルスを飲み込んでも「胃」や「腸」に入り込んで感染しないでしょう。 バカは、ここが分かっていない。

例え、手に着いたくらいのウイルスの量では、肺の細胞には感染しないでしょう。 ある一定のウイルス量が暴露して、気管や肺に入らないと、感染して発症しないのです。手の「消毒」はあまり意味がないのですが、バカの一つ覚えしか思いつかないのです。

世間の「会社事務所」の中も、ビニールハウスの様に「感染予防」と称して、デスク毎にビニールを張りめぐらされていているが、これも逆効果の場合もあるのです。この夏の時期、エアコンを使っている為、窓を閉め切っているが、「換気」が一番大事なのです。例え、ウイルスが浮遊していても、換気をすれば、ウイルスは拡散して、暴露する量が少なければ、感染リスクは大幅に下がるのです。

至近距離で、マスクをしないで、換気の悪いオフィスで話をして接触するから「飛沫感染」する。これが一番、感染率が高い事くらい分かるでしょうが。

本当は、ビニールの衝立(ついたて)を外して、エアコンをかけながら、窓を開けて、部屋全体の空気を換気するのが、一番効果的なのです。

未だに、札幌の郊外を歩いていても、マスクをしているバカやアホがたくさん居るが、どうして、ここまで「無知」なのでしょう。 そよ風の吹く、郊外で会話もせずに歩いているだけで感染する訳が無いでしょう。

3.愚民の国

コロナ禍が2年続いても、こんな簡単なことでさえ認知できない哀れさなのです。自分の頭で何も考えていないのです。体は大人でも、知能は小学生並みなのでしょう。 救いようがない。

本当に日本は、危ない国で、このような「無知蒙昧」な国民で溢れているので、何かバケモノの様な為政者が出てきた時が、本当に怖い、世の中にあっという間に騙され、奈落の底にい叩き落とされるのは間違いないでしょう。

これから、夏にかけて、毎年、第二次世界大戦の敗戦記念日が近づいてくると、戦争の悲惨さを語り継ごうと、報道番組が組まれますが、下らないとは言わないが、戦争に走ってしまった原因を、責任を、なぜか国民に求めないのでしょうか。 不思議でしょうがありません。

世の中から、戦争が無くならいのは、いつの時代も、愚民が多いからです。 この愚民の責任を誰も訴えないのはなぜでしょう? そんなに都合が悪いのか。

関連記事
【ウイルス】これから感染が収束してもまた現れる、ウイルスが恐いなら自分の体の健康に注意を向ける必要があると言うお話です。

【コロナウイルス】ワクチン接種3回目ではなく、3回もPCR検査に走りました、疲れます。

【分断する世間】「野外で距離を開ければマスク必要なし」と言われてきたが、マスクを外す時期を世間の人々はどう考えている?


Sponsored Links




コメント