「Windows 10」の「高速化」対策とメモリ管理について

Sponsored Links




5)トラッキング機能の停止

以前のWindows OSは、ユーザーがある程度「Windows Update」を制御できて、パッチを当てないようにすることが可能でした。

しかし、「Windows 10」からは、ほぼ強制的に「Windows Update」がかかるような仕組みになっています。ちゃんと、「Windows Update」をかけている方は問題ないのですが、訳も分からず、認識しようとも思わない、低レベルのユーザーがあまりにも多いため、Microsoft 社側でアップデートの管理をする方式を取り始めています。

それに加えて、ユーザーのエラー情報や診断情報、位置情報など様々なデータを採取するトラッキング機能(テレメトリー)が搭載されていて、収拾されたデータはバックグラウンドでMicrosoft社へ送信される仕組みになっています。

Windows 10のトラッキング機能が稼働していると、バックグラウンドで動きますので、通信環境が悪くても、パソコンの能力が低くても、マルウエアの様に勝手にパソ コン内のデータを収集して、Microsoft社のサーバーに送信します。 ですので、これが嫌な方は、阻止することが可能です。 しかし、完璧に阻止す る のは、このアプリでも不可能だと思います。

この「トラッキング機能」を一発で停止させることができる「Spybot Anti-Beacon」、「Destroy Windows 10 Spying」などのツールアプリで、一気に対策します。

Spybot_Anti-Beacon_001

Web検索や音声アシスタント「Cortana」、オンラインストレージサービス「OneDrive」など、自分で使わない機能であれば、それも停止させることが可能です。

-–トラッキング 関連記事–-
Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Destroy Windows 10 Spying」と云うツールアプリがリリース
Windows 10のトラッキング機能を一発で停止させることができる「Spybot Anti-Beacon」アプリがリリース
Windows 10への更新通知を抑止する「GWX Control Panel」がリリース

次のページは、6)透明効果、アニメーション効果を停止する。

Sponsored Links




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です