タブレットって、結局、何に使うの?。。。。タブレットの使い道について、その3

Sponsored Links




2.最後に、使い道が分からない?  使いこなす具体例

こう云う方、結構多いです。
皆さん、自分がアナログの世界で、努力して覚えた事、趣味の世界、色々な経験、1つは得意な事が有るのではないでしょうか。
まあ、「動画を観たり、ゲームをするくらいしか、思い付かない。。。」と言わないで、無ければ、チャレンジしてみましょう。

たぶん、道具としての性能よりも、どんな「コンテンツ」があり、どのように利用すれば良いかが、初心者の方には、分からないのだと思います。増してや、パソコンを使いこなしていない方などは、分からないと思います。

ハード、ソフト、コンテンツの連動で、どのように活用できるのか、例を挙げてみましょう。

1)「書籍を読むのが好き」 電子書籍をタブレットで読みたい。

マンガ本は電子書籍でたくさんありますが、例えば、自然科学系の書籍は、電子書籍になっていない方が多いです。

(1)自分で「自炊」して電子書籍を作ってしまう。

電子書籍を販売しているサイトで、手軽に書籍を購入できますが、自分の読みたい書籍が、電子書籍化されていない場合が有ります。 そんな時、どうするか?  自分で電子書籍化(自炊)すれば大丈夫です。

書籍をカッターできれいに切って、複合機(プリンター)に読み込ませて、後は、PDF化してパソコンに取り込むだけです。  詳細は、下記の関連記事「自炊してみました。」を参照してみて下さい。

会社の複合機(FAXプリンター)を使えば、400ページの書籍でも、オートフィーダーを使って、両面スキャンすれば、15分で完了です。 取り込んだファイルは、PDFファイルに変換して、自分のパソコンに転送すれば、あとは、USBメモリに入れて、 タブレットにCOPYして、Adobeの無料のPDFリーダーをインストールすれば、いつでもどこでも、電子書籍を読むことができます。

自炊 関連記事
「自炊」して電子書籍を作ってしまいました。
電子書籍の作り方(2012年2月)
電子書籍の作り方 その2 WORD形式のドキュメントをPDF、ePUB形式の電子書籍を作成する(2012年3月)
紙の書籍を「自炊」して、KindleやiPad、iPhoneなどのデバイスで読むために必要なスキャナーの選択(2012年4月)

(2)iphone、iPad、Android端末で、使用できる電子書籍アプリをインストールして、端末で、電子書籍を購入して読む。

紀伊国屋、楽天、AmazonのKindleなど、提供先によって得意なジャンルがありますので、アプリをダウンロードして利用すれば、簡単に手持ちの端末で読むことが可能です。

(3)専用の電子書籍リーダー端末を利用すれば、簡単に読書することもできます。

ソニーの電子書籍リーダー端末「Reader」、「PRS-T3S」

電子書籍リーダー 関連記事
アマゾンジャパンは、月額980円(税込)の電子書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」の国内提供を開始

Amazonが、Windows PC上でKindle本を読むことができる無料アプリケーション「Kindle for PC」をリリース

(株)BookLiveが、電子書籍端末「BookLive!Reader Lideo(リディオ)」を発売(2012年12月)
日本の電子書籍ストアと電子書籍端末(リーダー)について(2012年11月)

ソニーが、電子書籍リーダー“Reader”の新機種、『PRS-T2』を発表(2012年9月)
楽天が買収したカナダの「Kobo」から、電子ペーパー式電子書籍端末「kobo Touch」を発売(2012年7月)
Amazonが、電子書籍リーダー「Kindle」の日本での近日発売を発表 (2012年6月)
PFUが、新聞・書籍などを裁断しなくても、そのままスキャンできる「ScanSnap SV600」新発売(2013年6月)

電子書籍と電子書籍リーダーのニュース(2010年7月)
紀伊國屋書店が、「電子書籍コーナー」を主要4店舗に拡大、ソニーの「Reader」向けにコンテンツ配信 (2011年10月)
レノボ・ジャパンが、7インチサイズのタブレット型端末「IdeaPad Tablet A1」を2万円を切る値段で10月28日に発売。
「電子書籍リーダー」いろいろ(2010年5月)

2)「写真を撮るのが好き」 

デジタル一眼レフカメラとタブレットを組み合わせて使用すると、これはもう、ちょっとプロ並みの使い方ができます。

デジタルカメラのメモリ(DSカード)には、無線LANの機能が付いている物が有りますので、撮った写真をすぐに無線LAN経由で、タブレットに転生して、写真の出来を大きな画面でチェックできます。デジタルカメラのモニターより画面は当然、大きいですので、ボケているかどうか、すぐにわかります。


そして、タブレットのアプリでも、写真を編集できるアプリが有りますので、パソコンを使わなくても、ある程度までのクオリティを端末内のアプリで確保できます。

Appleのタブレットに入っている「iPhoto」を使えば、取り込んで、編集して、「フォトブック」まで注文できます。 現在は、「iPhoto」は廃止になり、「写真」アプリが代用アプリとなっています。

関連記事
YOSAKOI ソーラン祭りの写真をMacBook Airの「iPhoto」で編集して、Appleのフォトブックを注文してみる。
Eye-Fi Japanが、Wi-Fi内蔵メモリーカード「Eye-Fi Mobi カード」からPCへ、写真・動画の直接転送が可能になる「Mobi PC 転送ツール」をリリース(2014年4月)
無線 LAN(WiFi)機能を搭載した 「SDHC メモリカード」と「microSD カードアダプタ」の新商品2つ(2013年7月)
東芝が、無線LANを搭載したSDHCメモリーカード「FlashAir」とAndroid版、Windows版に対応した写真ブラウザアプリ「guPix」の機能連携を発表(2012年8月)

3)「旅行が好き」

これも、タブレットの得意分野です。
ネットにすぐ繋がる環境に有れば一番ベスト(スマホを持っていれば、テザリング機能でネットにいつでも接続可能です)ですが、訪れた場所やホテルなどに公衆無線LANの設備があれば、それを利用すれば良いだけです。

空港は、ほぼ公衆無線LANが有りますので、タブレットでホテルの予約などスイスイです。 飛行機に乗る前に完了します。

Googleマップを開けば、場所の情報、行きたいところまでの、車、電車、徒歩、別にルートを検索してくれます。
電車など、乗り換えの情報、料金まで表示してくれますので、JRの時刻表などほぼ必要ありません。
Google Maps 関連記事
Googleが、デスクトップ版の「Googleマップ」に距離測定ツールを追加(2014年7月)
Google Mapsのストリートビューに、Top Gearのテストコースを追加(2014年1月)
Googleが、Googleマップ 「ストリートビュー」の提供エリアを拡大(2013年9月)
Googleが、360度パノラマ写真を手軽に共有できる「Views」を「Google Maps」で開設(2013年8月)
Googleが、モバイル版ブラウザのGoogleマップに「ストリートビュー」を追加 (2012年10月)

4)「音楽が好き」

「聴くのが好き」の場合は、たくさん有ります。 ネットラジオでストリーミングを聴けますし、曲をたくさんタブレットに入れて、ブルーツースレシーバを購入すれば、タブレットをカバンの中に入れておいても、ワイヤレスで聴けて、曲のコントロールもできます。
スマホでもできますが、ブルーツースを使用するとバッテリーを消費しますので、音楽はタブレットから飛ばすと云う手も有ります。

関連記事
SONYが、新型ウォークマン「NW-M505」の発売を開始(2013年12月)
ソニーが、ウォークマンの「M」シリーズと「W」シリーズの新モデルを発表(2013年9月)
ソニー(SONY)のスマートワイヤレスステレオヘッドセット「MW1」に内蔵されたmicroSDカードに音楽ファイルを保存して「MP3プレーヤー」として楽しむ方法。 (2012年7月)
ソニーモバイルコミュニケーションズが、単体でFMラジオ、MP3プレーヤーにもなる「スマートワイヤレスステレオヘッドセット MW1」を7月21日に発売すると発表 (2012年7月)

5)「情報を収集する」道具として使用したい

スマホもタブレットも、これは得意中の得意分野ですが、中々、こんな使い方をしている方は少ないのではないでしょうか。
タブレットの本当の意味で、一番活用できるポイントでもある部分なんですが。。。。

あなたの生活習慣、日常生活の興味、ものの考え方を少し変化させれば、タブレットの使い道なんて言ってられなくなるほど、使い道は開けると思いますが。。。。。いかがでしょうか?

私の場合、日常、外出時、メインでタブレットを使用している機能がこれです。 参照系のアプリもたくさんありますし、情報を入手するのに事欠きません。

外出先で、する事
私の場合、フェースブック、ツイッターも全く関係ないと云うか、やっていませんし、そんな所から情報を入手しようとも、情報を送ろうとも、全く考えていません。

自分のGmail宛に送るだけです。 共有なんて考えても居ません。 めんどくさい。

1)転送作業   共有先、自分のみ。
①Gooleアラートに登録すると、自動的に自分のGmail宛に送信してくれる。

届いたメールをアプリで見て、サイトを表示して、必要なら、自分のGmail宛に送信する

・ニュース配信アプリなどでは —–>参照中に、必要なら、自分のGmail宛に送信する。

この作業は、参照作業の得意な「iPhone」、「iPad」で実施するのが、一番速いですね。

(1)GoogleアラートとGmailの連携

スマホ、タブレットの普及する前から利用している、私の一番のおすすめなのが、GoogleのWEBサービスです。
デスクトップパソコンで利用していたのですが、スマホが普及したおかげで、いつでも、どこでもニュースをチェックする事ができるようになりましたので、いまだに手放せません。

使い方は、簡単です。
まずは、Googleのアカウントを取る。 Gmailを使えるようにする。
https://www.gmail.com/intl/ja/mail/help/about.html

「Googleアラート」のサイトで、自分の興味のあるキーワードを複数登録して、配信先を自分のGmailアドレス宛に指定しておく。

google_al00

すると、ブログ、ニュースサイトから、「Googleアラート」で自分の入力したキーワードに合致した、情報の見出しとサイトのリンクは配信されてきますので、メールアプリでリンクをクリックすると、ブラウザが起動してコンテンツが表示されます。

サイトの記事を読んで後で、読みたい、取っておきたい場合は、自分のGmail宛にリンクを送信しておけばOKです。Gmailは、メールソフト(OutLook Express等のPOPメール)でも受信できますので、そちらで受信することも可能です。

タブレットのメールアプリ、Gmailアプリなどで、アカウントを登録すれば、受信できますよね。

配信された来たメールを、外出先でチェックし終わったGmailは、その場で削除してしまう。
家に帰ってから、ゆっくりと、Gmailを開けば、自分のGmail宛に送信したメールだけ残っていますので、それだけ、ブラウザで開いて、閲覧することができます。

尚、最近、クラウドサービスが盛んで、保存容量も大容量になっていますが、私の場合、エバーノートなどのクラウドサービスを使い保存しません。
一番、良いのは、端末などで見つけた情報、写真も含めて、Gmailを使い、自分宛に、その情報を添付して送信すればいいんです。 自分のGmailでラベルを作成して、そこに保存しておけば、間違って消去することも無いでしょう。

GoogleのGmailをクラウドの保存場所として使うのです。 極めて、プライベートな情報は、もちろん、そんな場所には保存しない方が良いのは、当然ですが、それ以外の情報(誰かに見られても問題ないと云う意味で)でしたら、こんな使い方の方が、便利だと思います。

(2)Newsdaily
今使っているニュースアプリで一番使用しているのが、これで、見やすく、使いやすくて良いです。 気になり記事は、同じように、自分のGmail宛に送信しておきます。

newsdaily_001 newsdaily_003
もう一つ、気にっているのが、これも、「キーワード」を任意で追加することができます。
当たり前ですが、任意で入力したキーワードの情報も、ちゃんと表示されてきます。 キーワードも簡単に、新規で入力したり、削除したりできますので、その時々の話題に沿った、キーワードを入れ替えて、情報を拾う事が可能です。

Newsdaily for iOS」  Android版はありません。
https://itunes.apple.com/jp/app/mei-rinonyusu-newsdaily-for/id576210200?mt=8

(3)SmartNews

このアプリは、キーワードを登録できませんが、自分の好みのニュースサイトを複数登録しておけると云う点で、重宝しています。

気になり記事は、同じように、自分のGmail宛に送信しておきます。

smartnews_001

iOS、Android両方あります。

「SmartNews」サイト
https://www.smartnews.com/ja/

(4)Gunosy(グノシー)

このアプリは、初回登録時、メールアドレスと自分の好みの情報を選択する画面が表示されて入力するのですが、これが便利で、アプリを起動してチェックしなくても、朝、夕2回、メールを登録メールアドレス宛に自動配信してくれます。

gunos_001
そのメールの中に、関心のある記事が10件程度、見出し、サイトのリンク付で配信されます。リンクをクリックすればブラウザが動いて、詳細を表示してくれます。 これもまた、後で読む場合は自分のGmail宛に送信しておけば、あとで、Gmailを開けば、じっくり内容を読むことができます。

スクラップボタンをタップして保存すると、記事データをスクラップとして本体に保存することが可能ですので、電波の届かない場所でも、後から読むことが可能です。

私の場合、アプリをあまり起動せず、1日2回メールで送自動配信されてくる情報をチェックしています。
他の方法で、拾い切れていない、面白い情報が有りますので、欠かさずチェックする様にしています。

・グノシー iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/id590384791

関連記事
iPadにPDFファイルを取り込んで「GoodReader」でドキュメントを見る方法(2010年6月)
「iphone ・ipod touch」で、新聞やGoogleリーダーを持ち歩く 第1弾(2009年11月)
ニュースリーダーアプリなどの情報をGmailに集めて管理方法

6)「公衆無線LAN」を利用して、外出先でも端末を活用したい

最近は、色々な処で、公衆無線LANが、無料で利用できるようになっています。 ですので、WIFI機能しか付いていないタブレットでもネットに接続することが可能です。
例えば、スタバなどで、コーヒーを飲みながら、メールをチェックしたり、ブラウザを開いてRSSをチェックしたり、アプリでニュースをチェックしたり、SNSもできます。 余り、お勧めしませんが、スタバの無線LANは、速いので、動画などはサクサク見れます。。。
公衆無線LAN 関連記事
紀伊國屋書店が、無線LANアクセスサービス「紀伊國屋書店 Wi-Fi」を開始(2012年11月)
スターバックス店舗にて、無料のFree Wi-Fiサービス「at_STARBUCKS_Wi2」を開始 (2012年6月)
ローソンが、無料のスマートフォン向け公衆無線LANサービス「LAWSON Wi-Fi」を開始(2012年4月)
セブン&アイ、無料の公衆無線LANサービス「セブンスポット」を12月1日に開始(2011年11月)

7)その他

家の中はもちろん、ネットワークさえあれば、パソコンより手軽に使えますし、外出先でも、公衆無線LANの接続すれば、無料でインターネットにつなぐことが可能です。

・ネット回線が、有れば、ネットラジオのストリーミングをいつでも、どこでも聴けます。
「iphone ・ipod touch」で、ネットラジオの音楽を持ち歩く 第2弾(ipod touch活用)(2009年11月)

・Googleの地図ソフトは、便利ですね。 旅行に行く時など必需品です。 知らない土地でも平気です。
iPhone/iPod touch の Safari ブラウザ上で動く、Googleマップの「乗換案内」をリリース(2009年10月)

・テレビも機器を購入すれば見れます。
iPhoneやiPadに映像をダビングできるUSB接続の地デジチューナー「MonsterTV U1」(2010年9月)

・テレビ電話、音声のみの通話も、ネットに繋がっていれば、離れていても、何時間でもタダで、お話しできます。
iOS 7 「Face Time」の新機能「FaceTimeオーディオ」で、音声のみのFaceTime通話が可能に

前の記事
タブレットって、結局、何に使うの?。。。。タブレットの使い道について、その1
タブレットの使い道について、その2(タブレットの種類と タブレットにできること、でできない事)

iPad、iPhone、Androidタブレット、スマホも、両方使ってみて分かる、細部の作り込みの違いについて

タブレット商品情報
「iPad Pro」と「Surface Pro 4」が、同時に発売されましたが、どちら良いか、迷う必要なしです。
Microsoft社が、「Surface Pro 4」の日本市場投入を発表、何か大きく変わるような予感。
HPとDELLの「Surface Book」似の2-in-1タブレットPC 2台
Microsoft社が、「Surface Pro 4」と「Surface Book」を発表しましたが、「iPad Pro」に勝てない理由。
富士通が、SIMフリーのスマートフォン「arrows M02」、タブレット「arrows Tab M01T」を提供を開始
格安タブレット これでもか!!!
Googleが、Nexusブランドの新型スマートフォン2機種「Nexus 6P」と「Nexus 5X」とAndroid搭載タブレット「Pixel C」を発表


Sponsored Links










コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*